読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーライト・ヨコハマといしだあゆみ

私にとって高度成長経済の思い出と言えば、 というと大げさな話となるが、 いしだあゆみさんの「ブルーライト・ヨコハマ」である。 この曲に何か鮮烈な思い出があるというのではない。 ただ、この曲を聴くと、 (高度成長経済の日本の曲だな~) と思う。 19…

サヨナラ満塁ホームラン

子供の頃、一年に一回くらい野球を観に行った。 小学校時代だったから、父に連れられてである。 父は、なぜか大洋ホェールズのファンであった。 ある日、その父に連れられて巨人×中日戦を見に行った。当時、私は、どこかのファンということはなかったが、巨…

山口百恵と中三トリオ

「横須賀ー 誰かがこの名前をつぶやいただけで胸をしめつけられるような懐かしさを覚える」 山口百恵さんの「蒼い時」はこの文で始まる。 山口百恵さんは横須賀で生まれたのではない。だが、彼女の多感な時期を横須賀で過ごしたそうである。 あの時代を生き…

浅川マキ 夜が明けたら

妙なもので、いつだったか、どこだったかわからないけれど、覚えていることがある。 (あるいは、夢だったかもしれない) などと思う。 そんな不確かなことであるが妙にはっきりと覚えている。 私にとって、浅川マキさんがそうだと言えば言うことができる。 …

映画キャバレー

みなさん、こんばんは。 今日は、映画「キャバレー」のお話をしましょう。 はい、これ1972年のアメリカ映画です。 主演はライザ・ミネリ。 まあ、この人のお父さんは、ビンセット・ミネリという映画監督さん。「ボヴァリー夫人」とか「花嫁の父」、「巴里の…

白い巨塔と田宮二郎さん

若いときに見たテレビで妙に記憶に残っているものがある。 見たくて見たくて、放映を指折り数えて見たというのではない。 何とはなしにテレビをつけたときに出てきた画面に見入ってしまって、それがそのまま記憶に残ったというものである。 白い巨塔の撮影現…

桜田淳子 「はじめての出来事」

ヒットしたにはヒットしたけれど、いつしか人々の記憶の中からは消えかけている歌があります。 誰かから 「こんな歌がありましたよね」 などど言われれば 「あった、あった」 とは言うけれど、その存在をすぐに忘れてしまうような歌。 この歌もそんな歌の一…

向田邦子原作ドラマ 「父の詫び状」

昭和61年11月1日にNHKで放映されたドラマです。 脚本 ジェームス三木 演出 深町幸男 出演 杉浦直樹、吉村実子、長谷川真弓、沢村貞子、井川比佐志、市川染五郎、殿山泰司 など あらすじ 太平洋戦争直前の昭和15年、田向一家は四国・高松から東京に引っ越した…